3歳の長女の幼稚園入園式

先週、3歳の長女が幼稚園に入園しました。
当日は朝の9時集合で、いつも遅寝遅起きの長女は起きられるかどう心配でしたが、
7時半に自分で起きてきたのでびっくりしました。
「よく起きられたね」と言うと、「もう幼稚園だから」という答えが返ってきて
もう小さいながらに幼稚園に行く自覚があるんだなと感心してしまいました。
今日は夫と義母も半休を取って出席してくれることになりました。
2歳の長男もいるので、いつも以上に朝からバタバタでしたが、
着替えなどを義母にも手伝ってもらい、何とか無事に支度できました。

 

車で幼稚園に行くと、もう駐車場は満杯で、園庭に車を停めました。
最初に名札をもらった後に、園庭で家族で記念撮影をしました。
長女も長男も2人とも良い笑顔で素敵な写真が撮れたので良かったです。

 

その後、教室に荷物を置いてホールに向かいます。
ホールではもうクラスごとに並ぶことになりました。
たまたま仲良くなったおうちと同じクラスになったので安心しました。
担任の先生達もとても感じの良さそうな人達だったので、良かったです。

 

園長先生の話があり、担任の先生の紹介などがありました。
担任の先生は20人以上いて、幼稚園にはこんなに沢山の先生がいたんだと
驚きました。

 

入園式が終わると、教室に戻って担任の先生からお話を聞きました。
もう席も決まっていて、長女は普通に堂々と席に座っていました。
お道具箱や本などが置いてあり、いよいよだなという実感が沸いてきました。
次回の始業式までにお道具箱の中身に名前を書いたりという宿題が出されました。
準備は色々と忙しいですが、これからの園生活が私も楽しみです。